借金返済 個人再生

借金返済のための、個人再生という債務整理はどのような返済方法なのかをお伝えいたします。

個人再生という債務整理は、わかりやすく説明すると、500万ほどの借金があったとして、当人が収入によって返済できる額、3年間で200万と決めた場合、その返済の計画を立て、裁判所がこの再生計画を認め、実際に計画通り3年間で200万円分の借金返済ができたら、残り300万の借金は免除されるというものです。

個人再生は、債務総額が5000万円以下が対象で、一定の収入が見込まれる場合に適用されます。
3年間しっかり返済できれば、残りの借金は免除されるので減額できるということになります。

個人再生のメリットとしては、返済額が原則は5分の1に減額できるため、返済は楽になります。
また、自己破産のように住宅や車などの財産を没収されずに手続き可能です。
また、手続き開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ)などをできなくなります。
しかしデメリットもあります。
借金が今後5年から10年間できなくなります。いわゆるブラックリストとなります。
また、返済ができる収入がないと、適用されません。
住所氏名が、国が発行する「官報」という機関紙に掲載されるというデメリットもあります。

借金返済の方法は個人再生のみならず、いくつかの方法がありますので、その人にとって適した返済方法を選択されるのが一番です。
借金返済に長けたプロ(弁護士など)に依頼されたほうが、トータル的に考えれば、賢明な選択ともいえますので、相談されることをオススメいたします。
いきなり依頼するのが気が引ける場合は、無料で事前相談できる、全国対応の借金減額返済のシュミレーターなどをご利用されるのもよいと思われます。


↓匿名・無料で利用できる、借金返済シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


借金返済無料シュミレーション



HOME:借金返済シュミレーションでめざせ減額返済!