過払い金 請求

消費者金融などから借金をしていると金利を払いすぎているケースがあります。それは過払い金として請求でき、取り戻すことが出来ます。

過払いとは、まず簡単に言えば本来払う必要のない利息を払っている場合を指します。
消費者金融などから借金すると当然のごとく金利がかかりますよね。
この金利というのは決められた範囲の率で返済額に上乗せするわけですが、金利を設定できる上限を定める法律として、"利息上限法" と、"出資法" といわれる2種類の法律があります。

この2つの法律がややこしいのですが、原則は貸金業者などは、利息上限法で定められた率を上限として、金利を設定する必要があるのですが、もうひとつの出資法で定められた上限率は、利息上限法より高く設定されています。
出資法で定められた以上の金利になると処罰の対象になりますが、しかし、基本的な利息上限法で定められている金利を超えて貸金業者が設定しても、出資法の範囲内なら処罰の対象にはならないということになっています。

つまり、利息上限法と出資法の間の金利はいわば、グレーゾーンということになります。
しかし、利息上限法を超えた金利というのは、本来は無効とされていますので、貸金業者がそのグレーゾーンの金利を設定し、借り入れしている側が知らずに払い続けていた場合、それは過払金となります。
ですから、貸金業者が出資法の上限ぎりぎりで金利設定をしていて、長期間、債務側が払わされていた場合、後から過払金として払いすぎたお金を返してもらうことが出来るのです。
それが長期間高額で支払いすぎていた場合、過払い金がかなり帰ってくる可能性もあるので、借金が0になったり、あるいはさらに戻ってくる場合もあります。

もし自己破産寸前とか、かなり返済が厳しい場合、また、どのような状況でも、苦しいのなら一度法律事務所や弁護士事務所などに相談してみたほうが良いとも思います。
自分で出来る方もおられますが、それなりの知識も必要になるため、任せてしまったほうがよいでしょう。
グレーゾーンの領域に金利を設定している消費者金融はまだまだ存在します。
あなた自身も過払い請求できる可能性もありますので、心当たりがあると思ったら一度意識して調べてみることをお勧めいたします。

↓過払い金請求の相談などにも無料で利用できる、借金返済シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター




借金返済無料シュミレーション



ホームへ⇒借金返済シュミレーションでめざせ減額返済!