アメリカ 就職

アメリカでの就職の事情は、日本とかなり異なります。

当然ながらアメリカの就職事情は、日本とかなり異なるといえます。
アメリカではとても学歴に重きが置かれています。
しかし日本では就職の際の学歴差別をなくすために、学歴を重視しない採用方法をとる会社が多く見られます。
大学院を卒業したからといって必ずしもすべての企業で就職に有利になるわけではありません。
初任給も院卒者と新卒者で同じくらいという会社が一般的でもあります。
日本の採用基準は、入社後伸びる可能性も重視し、業務知識の有無をそれほど問わない採用です。
しかしアメリカでは、修士号や博士号を持っているほうが、就職には有利です。
たとえ新卒者でも専門的な技術や実務経験を持っていて、即戦力になることが大事です。
大学の専攻内容もポイントになります。
もちろん同時に成績も重要です。
例えばアメリカでは銀行に採用される新卒者は、経済学専攻、ビジネス専攻、ファイナンス専攻の人がほとんどです。
しかし一方日本では、学んだ学部はあまり重視されません。
また、アメリカの場合、大学時代の成績も就職には重要です。
なので大学生は必死に勉強をします。
たくさんの量の宿題をこなし、多くの課題やレポートを提出し、積極的な発言が求められる授業にも出て、よい成績を残すことがアメリカでは就職に大いに関係してくるといえるのです。


HOME:借金返済シュミレーションでめざせ減額返済!