低金利でローンを組みたいと思ったらやはり銀行のローン一番です。特に住宅ローンは銀行で組む人が多いですし、オススメです。"> 低金利の銀行ローンを利用したい場合の審査の基準

銀行ローン 低金利

低金利でローンを組みたいと思ったらやはり銀行のローン一番です。
特に住宅ローンは銀行で組む人が多いですし、オススメです。
住宅ローンを銀行で組む場合の審査基準についてはよく知っておくことが大切です。
住宅ローンで人気なのは、フラット35という長期固定金利サービスですが、人によっては審査が通らず組めない場合もあります。
ただ、民間銀行である、地方銀行や都市銀行でも、住宅ローンの融資を盛んに宣伝しています。
地方銀行の中には、不動産業者と提携していて、低金利で住宅ローンを扱っている場合もあります。
民間の銀行の場合、ある程度の抽象的な基準はあるものの、明確な審査基準というものが公表されていません。
そして、年収による融資制限はフラット35に比べると、かなり緩い傾向もあります。
そのため、最近は若年層で低収入の人でも、ある程度の基準を満たしていれば頭金なしでも低金利でフルローンを組みやすくなっています。
銀行による、低金利の融資を受けたい場合、審査を通過するには、ある程度の年収と、3年以上の勤続年数が必要だというのが基準と言われています。
勤務している業種や、どのような会社かとも審査の基準に入ります。
契約社員や、自営業の人は、審査が通りにくい傾向だといわれています。
また、並行して利用しているローンがないかも調べられます。
概ねこれらの内容が審査でチェックされていますが、具体的な判断は各金融会社により異なるといえます。
ですので少なくとも3年以上正社員で働いていて、ある程度収入が安定している人は、大きなメリットのある低金利の銀行ローンに申し込んでみるのがよいでしょう。


◎HOMEへ⇒借金返済シュミレーションでめざせ減額返済!