住宅購入ローン

住宅を購入をする場合、大抵はローンを組むことになると思います。
住宅ローンを選ぶ時には金利がとても重要なポイントになってきます。
金利は可能な限り低い住宅ローンを組みたいと誰でも思うものですね。
まず、金利の見直しが完済前にある住宅ローンのタイプは、最初は低金利だからいいというわけにはいきません。
多くのローンが、返済中に金利が変わる、変動型や固定期間選択型です。
金利が住宅購入をしたときよりも上がった場合、当然返済額も増えてしまいます。
変動型金利の場合、金利は半年ごとで、返済額は5年に1度見直されるのが一般的です。
変動金利型の場合、5年後、前回の1.25倍の返済額アップが限度です。
将来収入が上がる可能性がある方や、子どもが育ち、独立するなどして家計が減る見込みがある場合は、変動型金利でも問題ない野かとも思います。
一方、固定型金利の場合は、比較的金利は高く設定されていますが、完済まで金利は一定いうタイプになります。
金利の変動要素が将来的にもないので、長期の返済計画も立てやすくなります。
将来の計画が立てやすくなるので、どのくらい生活に余裕ができて、どのくらい子育てにお金が使えるかも把握しやすいといえます。
住宅購入でローンを組む際は、将来の家族のプランなどを吟味しながら選択することが賢明です。


ホーム:借金返済シュミレーションでめざせ減額返済!