ローン特約

ローン特約の特徴と、契約時には付けておくべき理由について。

ローン特約という言葉を耳にすることがあるでしょう。
ローン特約とは、売買契約の後に、住宅ローンの借入がもしできなかった場合に、契約を白紙に戻すことができるという特約です。
ですから例えばローン特約がない住宅契約などを交わした場合には、もしローンの利用ができなかった際、支払い手段がなくなってしまいます。
その場合は、損害賠償金や違約金などを払わないと、売買契約を破棄できないことがあります。
業者側に責任を負ってもらわないとならないでしょう。
銀行から事前調査によるローン契約の内定があったということで、住宅ローン特約を安易に外してしまうとこのような事態になりかねません。
ローンが内定しても融資の承認が下りなければ、かなり厳しい状況といえるでしょう。
例えば、事前審査の際に提出していた書類内容に不備があったり、提出書類に正しくないものを出していた場合などです。申込みをした本人には問題がなくても、銀行による審査の基準がいきなり変化することも珍しくないようです。
別の金融会社からあわてて借り入れをしようとすることも、結構大変なことだと思います。
ですからローン特約は、たとえ内定が銀行から出ていて融資が確実に受けられるという場合でも、万が一を考えて必ずつけておくことをおすすめいたします。


トップページへ:借金返済シュミレーションでめざせ減額返済!