特定調停 借金返済

特定調停で借金を返済する方法

特定調停という借金の返済方法がありますが、どんなものでしょう。

金融会社と顧客とが直接借金の調停を行うのではなく、特定調停では、法律制度のもとにある裁判所が取りもつというものです。
借金をした人が特定調停を希望する場合は、弁護士や、認定司法書士に依頼をして行ってもらいます。
特定調停は、現時点で借金返済ができないことが確定している人だけでなく、見込み状態という人でも使える返済方法です。
では、特定調停をすることは、どんな利益があるでしょう。
自己破産が申し立てから免責の許可の決定が出るまでに約半年かかりますが、特定調停の場合には2〜3か月で修了します。
借金の返済方法に特定調停という手段を用いた場合、法律知識を有していない人でも、申立てをすることが可能です。
裁判所に行けば、申立て用紙があります。
項目に書き込むべきことを書き込みます。
裁判所の調停員が、金融業者との連絡をとります。
自己破産歴がある人でも、特定調停の申立てに問題はありません。
どんな借入条件で融資を受けていたかにも左右されますが、基本的には、利息は利息制限法の最低金利まで引き下げられます。
金利が下がることで、返済額を少なくすることができます。
特定調停という返済方法はあくまでも話し合いですので定職についておらず一定の収入を得られる見込みがない場合や銀行系の低金利の借金をしている場合には意味がないことがあるので注意しましょう。


借金が減額できるのかを把握できるシュミレーターが下記で公開されています。

自己破産したらどうなるの?Q&Aへもどる


無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼