任意整理

任意整理がメリットになる場合とそうでない場合

任意整理は債務整理の1つの方法ですが、状況によって、オススメできる場合とそうでない場合があります。

任意整理の具体的な流れは司法書士有資格者とか弁護士が債権者とあなたとの中に入って話し合って利息を定めている法律に照らしながら利息の再計算を行いもう一度計算しなおした借入金の元金に対する年利を削った方法で3年前後の期日をめどに返済をしていく債務の整理の対策です。
この任意整理には警察等の公的機関が口出ししないのでこれ以外の手続きと比較しても採用した場合のリスクが最も小さく、やり取りそのものが債務者にとってあまりストレスがないため一番初めに検討するようお勧めしたい方法となります。
貸し手が街金みたいな大変高額な金利の場合、利息制限法が許している金利を超過して払った金利分についてはその元金に適用できると判断され借入金の元金それ自体を減らすこともできます。
だから、サラ金業者といった大変高額な金利のところに何年も返済しているケースなら期待以上の金額を減額できる場合もあり、10年以上続けて返し続けているケースでは借金そのものが消滅してしまう可能性もあります。
債務整理の良い点とすると、破産申告とは異なって一部の負債だけを処理することになるので、他の連帯保証人が付いている契約以外だけを整理する場合や自動車ローンの分以外について手続きしたい際なども使用することも可能になりますし全ての財産を手放してしまう必要がないので、投資信託や有価証券自分の資産を持っているけれど、手放したくない場合においても有用な借金整理の手続きになるでしょう。
いっぽう、手続きを取った後返済していく額と実現可能な所得を比較して常識的に見て返済の計画を立てられるようならこの方法で手続きで進めるほうが良いですが自己破産手続きと異なり返済義務そのものが消滅するわけではありませんので総額が巨額な場合には、実際に任意整理の手続きを進めることは困難になると判断することになるでしょう。

自己破産したらどうなるの?Q&Aへもどる

無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼