民事再生 債務整理

民事再生による債務整理をする場合

民事再生で債務整理するのはどういった場合が適しているのか、などについてお伝えいたします。

民事再生という制度には、自己破産制度と違って免責不許可となる条件がありませんので賭け事などで債務が増えたような場合も申請は問題ありませんし、破産手続きにより業務の停止になる可能性のある業種で仕事をしている方でも手続きは検討できます。
破産の場合には、住んでいる家を残しておくことはできませんし他の債務処理方法では元金そのものは完済していかなくてはなりませんので、住宅のローンを含め支払い続けるのは実際問題として難しくなるでしょう。
といっても、民事再生という方法を採用することができれば住宅ローンなど以外の借金についてはものを減ずることができますので、ある程度余裕に住宅のためのローンを返済しながら残りの借入金を支払い続けるようにできるということになります。
ただ、民事再生という方法は任意整理や特定調停等と違いある部分だけの借金を省いて手続きしていくことは考えられませんし、破産申告におけるように債務自体が消えるのではありません。
それから、他の方法に比べて複雑で負担もかかりますので、住宅のローンを組んでいてマンションを手放したくないような時を除いて自己破産のようなそれ以外の方法がない際における最後の処理としておいた方がいいでしょう。


借金が減額できるのかを把握できるシュミレーターが無料で公開されています。

自己破産したらどうなるの?Q&Aへもどる


無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼