自己破産 クレジット

自己破産後にクレジットカードを作る場合

自己破産したらクレジットカードは作れるのか?作れるならどのような条件や方法で作ればよいか?
についてご説明いたします。

自己破産後は、ブラックリストとして、金融機関の信用情報に登録されますので、クレジットカードをはじめローンを組む事も出来ません。
ですが、一生作れないわけではなく、免責後5年以上経過すればクレジットカードを作れる場合が多いです。
とはいっても、5年間クレジットカードのない生活は不便ですよね。
そういう場合は、デビットカードを活用すると良いでしょう。
デビットカードとは、支払い専門のクレジットカードの事です。
自分の預金口座にある金額分だけ支払いに利用できるため、借金をして買い物や支払いをする訳ではありません。
また、デビットカードは、無審査で発行可能な場合が多いために、ブラックリストとして登録されている破産者であっても、作る事が可能なのです。
もし、自己破産後5年以上たって、自分がカードを作れる状況かどうか確認したい場合は、CICやJICCの等の信用情報機構に自分の信用情報を確認して見ましょう。
そこで、自分の信用が回復している場合は、クレジットカードを申し込んでみると良いでしょう。
また、クレジットカードを作れるようになったからといって、無計画な借り入れは再び多重債務を引き起こすきっかけとなりかねませんので、計画的に利用する事が大切です。

※自己破産しかないと思っても、他の方法で借金を減額して解決できる場合もあります。
もちろんケースバイケースですが、把握する価値はあると思います。
ただ、いきなり弁護士や相談所などに確認するのは躊躇mあると思われます。
ですのでそういったときは 事前にご自身の状況が把握できる、
無料で匿名で出来る、借金返済シュミレーションがオススメです。
一度利用され、診断されてみてはいかがでしょうか?

街角法律相談所無料シュミレーター



▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼