自己破産 費用

自己破産の手続きにどれぐらいの費用がかかるのか?

そもそも自己破産のメリットとデメリットはどういったことなのでしょうか?簡潔にまとめております。

自己破産をするにも費用がかかる事をご存知でしょうか。
自己破産は、裁判所より免責決定を貰い、借金を帳消しにしてもらう制度ですが、その手続きの際も、収入印紙代や、切手代、官報掲載料など最低でも、総額1万数千円の手続き費用がかかります。
また、不動産を所有している方は、管財人をつける必要があるために、その費用として数十万以上かかります。
さらに、自己破産に必要な書類作成を弁護士に依頼した場合は、30万〜50万程はかかるのが一般的です。
ただし、自己破産をするような人は、手元にお金がない場合が殆んどですよね。
そういった場合は、分割払いに応じてくれる法律事務所もあるようです。
このように、弁護士に手続きを依頼した場合は、数十万単位で費用が必要になってしまうため、依頼するのを悩むかもしれません。
しかし、法律知識ゼロの方が1人で破産手続きを行う事は難しいです。
どうしても弁護士に依頼する費用が工面できないと言う方でも、一定額以下の収入の場合は、法律扶助制度と言うものがあります。
この制度により、弁護士の書類作成費用を立て替えてもらえるケースがあるので諦めないで下さい。
詳細については、弁護士会や、地方自治体の法律相談などで問い合わせてみると良いでしょう。

※また自己破産しかないと思っても、意外に他の方法で解決できる場合もあるものです。
場合によっては減額出来ることも結構ありますし、債務整理の方法によって、
費用があまりかからないものもあります。
ただ、いきなり法律家や相談所に相談するのは躊躇される方もおられると思いますので、
そういったときは その前にご自身の状況が把握できる、
無料で匿名で出来る、借金返済シュミレーションで把握されるのもオススメです。
一度利用され、しっかり診断されてみてはいかがでしょうか?

街角法律相談所無料シュミレーター



▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼