自己破産 メリット デメリット

自己破産のメリット、デメリット

そもそも自己破産のメリットとデメリットはどういったことなのでしょうか?簡潔にまとめております。

自己破産は、債務を免責してもらう制度ではありますが、メリットだけではなくデメリットもあります。
まずメリットとしては、全ての借金が免除になると言う事です。
自己破産をすれば、以後、債権者からの督促もありませんし、支払いに悩まされる事もありません。
まっさらな状態から人生をやり直せる事が、一番のメリットと言えるでしょう。
一方デメリットとしては、保有資産の多くを失う事です。
自己破産をする場合は、生活する上で必要最低限の資産以外はほとんど没収、換価され債権者に分配をします。
ですから、自宅を含めて保有する財産を基本的には手放す事になります。(20万円以上の資産)
また、自己破産をした場合、借金の連帯保証人がいる場合は、連帯保証人に債務が引き継がれるために迷惑をかける事になる場合がほとんどです。
さらに、破産後一定期間は、クレジットカードや、ローンを組む事が出来ません。要するにブラックリストとして登録されてしまうのです。
また、破産後7年間は再び自己破産は出来なくなります。
以上のデメリットが存在するために、自己破産をする前に、本当にそれでいいのか、またはそれしか救済手段は残されていないのか、よく考え後悔のない結論を下すようにしましょう。
借金の返済で困っている場合は、地方自治体の無料法律相談などを活用し、専門家のアドバイスを受ける事も大切です。

※自己破産しかないと思っても、意外に他の方法で解決できる場合があるものです。
一番はっきりするのは、弁護士などに依頼することです。
ただ、いきなり相談するのは躊躇もあると思いますので、事前に状況が把握できる、無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーションがオススメです。
ご相談前に一度利用され、しっかり診断されてみてはいかがでしょうか?

街角法律相談所無料シュミレーター



▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼