自己破産以外 解決方法

自己破産以外の方法で解決はできないか?

自己破産だけが、救済手段ではありません。

一時期クレジットカードや消費者金融からの借り入れによる多重債務者の急増が社会問題になりました。
その際に自己破産という制度を利用し、借金を免責して貰った方も沢山いると思います。
ただし、自己破産だけが救済手段ではないのです。

まず、自己破産も含めて債務者が、借金を整理する方法として「債務整理」と言う手段があるのです。
その債務整理の中には、自己破産以外にも、任意整理、特定調停、個人再生と種類があります。
まず、任意整理は、弁護士などの法律家が間に入り、借金の減額や、分割払いなどの交渉を行い債務者が無理なく返済できるようにする制度です。

次に、特定調停ですが、裁判所を通じて、債権者と借金額の圧縮等を交渉します。任意整理と違い裁判所が間に入るために、任意整理に比べ交渉内容を臨機応変に決められない事がありますが、費用はこちらの方が安いです。

そして、個人再生ですが、こちらは、借金の減額をする代わりに、借金を3年以内で返済する方法です。
ただし、住宅ローンは減額の対象にならないために注意が必要です。

そして最後に自己破産ですが、こちらは現在あるすべての負債を無くす方法です。
その代わり、ある一定の期間が過ぎるまでは、クレジットカードやローンを組む事が出来なくなります。
また保有する資産も殆んどを手放す事になるためにデメリットもあります。

以上が債務整理の種類になりますが、例えばもし、自宅だけは手放したくないと言う場合は、個人再生でしたら、自宅を手放さずに借金を減額し返済を続ける事が出来ますので、自分にとってどの債務整理が一番適しているかを、弁護士などの専門家に相談しながら決めて行く事が重要です。

※自己破産を含め債務整理は弁護士などに依頼するのが一番です。
しかしいきなりは躊躇するのであれば、事前に、ご自身の状況が把握できる、無料で匿名で可能な、借金減額シュミレーションがオススメです。
ご相談前に一度利用され、しっかり診断されてみてはいかがでしょうか?

街角法律相談所無料シュミレーター



▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼