自己破産 借り入れ

自己破産したら借り入れはできなくなるのか?

自己破産をすると借リ入れは、信用情報会社にその事実が登録されますので基本的にはできなくなります。
但し若干の例外と借り入れできない期限を過ぎれば可能となります。

自己破産したら、各金融機関はその信用情報を元に融資をするかどうかをきめる為に、破産の事実が登録されれば、基本的に融資はして貰えなくなります。
これがいわゆる、ブラックリストと言うものです。
ただし、免責決定から5年〜7年程経過すると、信用情報に登録された破産情報は消えるために、新規融資やクレジットカードを持つ事も出来る場合が多いです。
また、自己破産直後であっても、お金を貸してくれる金融機関もなかにはあります。
大手金融機関はまず貸してくれませんが、中小の消費者金融の中では、独自に審査を行い破産者であっても融資をしてくれる所もあります。
その場合でも、無職だったり、他社への返済が滞っていたり、勤続年数が1年未満だった場合などは融資をして貰えない可能性が高いです。
各自消費者金融によって、審査基準は異なるために一概には言えませんが、一定の基準をクリアすれば、破産者であってもお金を貸してくれる場合はあります。
ですが、貸してくれるからといって、気軽な気持ちで借りるのは辞めましょう。
万が一再び返済不能になったとしても、次の自己破産が出来るのは7年後です。
さらに審査も厳しくなるために、自己破産できない可能性もあるために、借り入れは慎重にするべきでしょう。

※自己破産はあくまでも最終手段と考えるべきです。自己破産以外にも解決手段はいくつかありまして、状況によっては、他の方法を適用させたほうがいい場合もあります。
弁護士などに依頼するのが一番ですが、しかしもし事前に、ご自身の状況が把握できるとよいと思います。
無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーションは、どういった借金の返済方法が適切かが解かりやすくなるのでオススメです。
自己破産の相談前に一度診断されてみてはいかがでしょうか?

街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼