自己破産 保証人

自己破産で保証人を立てている場合に気を付けるべきこと

自己破産手続きをするにあたって、保証人を立てているときは、破産宣告する場合、事前に必ず連絡しておきましょう。

保証人があなたの代わりに何かしらの形で債務を行うことになるので当然のことです。
通常は保証人が返すことになりますが、もし保証人にも支払う財力がなければ、"任意整理" や "個人再生" といった債務整理の方法をとることになります。
このように保証人がいる場合、自己破産するとやはりあなたの代理として保証人が負債することになるわけですから、どうしても迷惑をかけてしまうことになります。
自己破産の申し立ては本当に最後の選択義と意識しておきましょう。
自己破産しないで、他の方法で、借金を緩和、すなわち減額できる可能性もあります。
ただ、それは、法律の知識がある程度もっているなら手続きは出来ると思いますが、知識がほとんどない場合、相手側はあなたにとって不利な条件にしてくるので、
弁護士などの法律の専門家に依頼したほうが、よい結果を得られると思います。
費用がかかっても、トータルで返済額が減るのなら、プロへ相談するのが一番です。

さて、あなた自身は自己破産にしたほうが良いのか、あるいは他の債務整理で、減額できるのか?
など、もし事前に把握できると安心ですよね。
例えば、無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーションは、あなたの状況を把握するためにもオススメです。
自己破産の相談前に一度診断されてみてはいかがでしょうか?

街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼