住宅ローン減税

住宅ローン減税をうまく活用するには

住宅ローン減税は、住宅ローンを組む際にローン返済の負担を軽くするためのもので、
家を購入する時の強い味方になります。

もし住宅ローン減税を利用したいなら、減税に必要な手続きを自分でしなければなりません。
ある意味一定のハードルを超えないと利用できないということをまずは認識しましょう。
購入した住居に住んだ直後、確定申告の際、所定の書類を提出することで、住宅ローンの減税制度を適用することができます。
事前に幾つかの書類を用意しておく必要があります。
まず、ローンの残高がどのくらいあるかを証明する書類が必要です。また、売買契約書の写しや家の登記謄本なども必要です。
直前になってあわてて準備しなくてもいいように、早い段階で書類の準備などやっておくといいでしょう。
住宅ローン減税では、1年で50万円の控除が受けられます。工夫次第では、控除額を多くすることができるということもあります。
住宅ローン減税の計算をする際は、世帯内で収入がある人数による影響を受けます。
結果的に幾らになるかは、確定申告書で判断できます。
もし、夫婦両方で住宅ローン減税に該当するならば、連帯保証人ではいけないことに注意しましょう。
住宅ローン減税では細かい条件や制限の元で控除対象額が決まります。
最大限に活用できるよう、しっかりとと調べておきましょう。

自己破産したらどうなるの?Q&Aへもどる


無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼