住宅ローン減税

住宅ローン減税とは

住宅ローン減税という言葉を多くの人は、新しく家を買う時に知ります。
住宅ローン減税にはどんな性質があるのでしょう。

住宅ローンにて返済中の人が、住宅ローンの返済負担を軽減するために、所得税が控除されるというものです。
可能な限りの住宅ローン減税を利用すると、控除を10年間は受け続けられますので、金額も相当額です。
どのような方が住宅ローン減税の対象になるのかは、条件があります。
住宅を取得後、6か月以内入居し、引き続き住み続けている方、登記面積が50平方メートル以上あることなどの条件が当てはまります。
床面積の50%以上を購入者本人の住居として使用すること、減税を受ける年の所得が3000万円以上ではないことも条件となります。
そのほか、住宅ローン減税の条件としては、10年以上ローン返済の対象になっていて、住宅金融支援機構の利用や、民間の金融会社より住宅ローンを利用している場合などがあります。
住宅ローンは、10〜35年程度と、借入期間のとても長期のローンです。
月々の返済も多く、家計を圧迫する割合も意外に大きくなるケースが多いようです。
返済の負担を少なくするために、住宅ローン減税をぜひ利用していきましょう。
住宅ローン減税を使うことで、返済しやすくなり、日本経済がトータル的に活溌に動くようにもなります。これから住宅購入を検討している方は住宅ローン減税の制度をぜひ活用しましょう。

自己破産したらどうなるの?Q&Aへもどる


無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼