フリーローン

フリーローン利用にあたってのいろいろな注意点と考え方
使い道が特定されているわけではなく、いろいろな目的に利用するローンをフリーローンと言ったりしますが、フリーローンで心がけたいことが幾つかあります。
ローンとは当然のことながら借金のことですよね。
お金を借りるわけですから、必ず返さなければなりません。
返済のことを考えて無理のない金額を借りるように注意しましょう。
また、特に銀行のカードローンなどを利用する場合、カードで借りられる専用の口座を持つような感じになると思うのですが、それは一般的な自分のお金を貯金する口座ではなく、借り入れ可能な金額がいつでも引き出せる、いわゆる銀行のお金が入っている口座ということになります。
つまり、実質引き出せばどんどんマイナスになってゆき、おまけに利息も膨れるわけです。
ついつい自分のお金のような感覚で使ってしまいがちにもなります。
十分注意するようにしましょう。
できればフリーローンは利用せずに乗りきることに越したことはありません。
フリーローンは普段基本的には使わないという強い気持ちでいるべきです。
どうしても利用せざるをえない場合には、もう理屈ではお解かりかとも思いますが、完済までのプランをしっかり計画することが大事です。
また、フリーローンを利用したい場合は、利用できる最低限の条件がはっきりしています。
いざ利用しようとしても手続きの段階で、勤続年数や月収など、条件に達していなければ、融資は受けられません。
事前に確認をせずに申し込みを行うと、審査に通らないばかりでなく、以後の審査にも不利になってしまう可能性もありますので注意しましょう。
さらに、フリーローンを利用する場合には、出来る限り、保証人や担保を必要としないローンを選ぶようにしましょう。
一度担保を入れてしまうと、何かあった場合に取りかえしがつかなくなることがあります。
最後に繰り返しになりますが、いくらお金が必要でも、我慢するべき場合もあります。
フリーローンを利用する際には、後に借金で困ることのないように、慎重に検討するようにしましょう。
自己破産したらどうなるの?Q&Aへもどる


無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼