不動産ローン 借入額

不動産ローンの借入額の計算方式

不動産を担保としてローンの借り入れを行う場合、融資可能な金額の計算はどうなるのでしょうか。

融資が可能な金額は、どれくらいの評価の不動産をローンの担保に用いるかによって異なります。マンション、土地、建物の価値の大体70%までを、貸し付けるという金融会社が多いと言われています。
また、土地の上に建っている建物が古すぎると、取りこわし費用を評価額から差し引く場合もあります。一口に不動産担保ローンといっても、金融機関ごとに審査の基準は違うため、融資金が異なることがあります。
借り入れる際はその辺をきちんと話し合っておいたほうが良いといえます。
ローンの担保に不動産を利用する場合、返済途中に不動産の評価額が下がってしまうと、追加の担保が必要になるかもと考える人もいます。
不動産の価値は、景気の動きに応じて上がりもすれば、下がりもします。
土地開発の方向性や、経済の動きに応じて、土地の評価額は変わるものです。
ローンを組む時に担保として不動産を入れていた場合、月々の返済を問題なく行っている限りは、新たに担保を入れることを求められたりはいません。
基本的に、不動産の評価額によって、借り入れが可能な不動産ローンの上限額はわかります。
不動産価格が下がっている時には、ローン借り入れ金額が少なくなってしまうというデメリットがあります。


自己破産したらどうなるの?Q&Aへもどる


無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼