不動産ローン 注意

不動産ローンで注意しなければならないこと

不動産ローンで注意しなければならないことを簡潔にお伝えいたします。

評価額の高い不動産を所有している人にとっては、不動産担保ローンは使いやすいものでしょう。
月々の返済額は低く抑えられて、低金利で融資が受けられるため、使い勝手のいいローンです。担保に不動産があれば大口の融資を受けることができますが、それで返済に行きづまると、大変なことになってしまいます。
担保に入れた不動産を売却しなければいけなくなって、返済できなかった分のお金を担保てまかなわなくてはならないことになります。
現時点で住居に使っている建物や土地を担保にして不動産担保ローンを利用した場合、返済ができなくなると、担保にしていた家が人手に渡ってしまうのです。
最悪の場合は、自分の持ち家や土地などを取られてしまう可能性があるのです。
かつて、不動産を担保にした時でも金利が高い時がありました。
そのために、返済ができなくなって、返済トラブルが大きくなったということもあります。
無理なく完済できる見通しは立っているのか、もしもの時にはどう対処するのか、不動産担保ローンでは事前の計画づくりが重要です。
どの金融機関から融資を受けるかで、不動産担保ローンの条件は異なります。
貸付条件や、その金融機関の方向性などを事前にチェックして、自分に合うところをピックアップしていきましょう。
金利などの各種条件を比較検討して、借り入れの目的に合った不動産担保ローンを選択していただきたいものです。


自己破産したらどうなるの?Q&Aへもどる


無料で匿名で出来る、借金減額シュミレーション
街角法律相談所無料シュミレーター


▼こちらからもすぐに同じ無料相談シュミレーションが行えます▼